流され美活備忘録

40代後半主婦。エステやボディメークに通っています。主にその覚書。

憧れの隙間のある太ももに近づくために、簡単にできるストレッチ&日常動作をまとめてみました。

 

 隙間のある太ももに、憧れている方も多いのではないでしょうか。

私は、下半身と上半身のバランスが、とにかく悪く(いわゆる下半身デブです💦)、上半身を太らすことができないので、下半身を細くしてバランスを保ちたい。という思いで、ボディーメイクに通い始めました。

f:id:miosio:20170405101431j:plain

ボディーメイクの先生に教えてもらった、下半身を細くする、ちょっとしたストレッチや日常動作をお知らせしたいと思っています。

 

 

すらりとした細い脚。

なりたくてもなかなかなれない、女性の体の悩みのトップ3くらいには入っていそうな、変えたい部位ですね。

それでは、先生に教わった太ももを細くするストレッチや日常動作をお伝えします。

 

どうして太くなるの?

まず、どうして太ももが太くなるかを考えていきましょう。

もともと生まれ持った体型や、体質もあります。遺伝の影響は大きいですね。

 もともと太かった女芸人さんが、とても痩せて、特に足、太ももがすごく痩せられた方がいます。これは、相当努力されたんだと思いますが、努力で何とかなる、ってことですね。

スポーツなどで鍛えられて、太くなった方もいらっしゃいます。

 

以前お伝えしたこちらの記事

miosio.hatenadiary.jp

 

 

つもりつもった姿勢の悪さや、筋肉の使い方が間違っている、そういう日々の日常動作の積み重ねが、太ももを太くしている原因でもあります。

 

まず正しい姿勢を、1番に直さなければなりません。とにもかくにも正しい姿勢を保たなければ、ずーと間違った筋肉が、発達し続けます。

 

そしてやっぱり、年齢とともに内ももの力が、筋肉が弱ってきます。

お肉がたるんでくるんです。

そこで、プラスの動作!

 

太もも内筋を鍛える

 猫背で歩くことで、太ももの外側や、膝の上の方の筋肉に負荷がかかりやすい歩き方になる。必然的に負荷がかかった、太もも外筋、膝上筋肉、主に前から見て目立つところが太くなってしまいます。

姿勢を正すことで、これらの筋肉に負荷がかかりにくくなるので、発達しにくくなります。

 

では、今度は内筋を鍛えましょう。

こちらの筋肉は、使われなくなって、緩んでくる、たるんでくる。

太ももの隙間が、なくなる直接的な理由になります。

 

日常でも手軽にできる、この座り方

f:id:miosio:20170405105709p:plain

膝は傾けなくてもいいのですが、足をそろえて座る。

力を入れて、膝同士を合わせる。足首も揃える。姿勢も自然と正しくなります。

 これをやってみるとわかるのですが、膝を力を入れてそろえると、太ももの内筋に力が加わるのがわかります。太ももの内側。

これが内筋を鍛えていることになりいます。

長くはもたない……💦意外としんどいです💦

 

ちょっとした合間にできる動作です。

 

ストレッチも効果的

今度は力を入れるのではなく、伸ばしていきます。

よく準備体操などで足を広げて屈伸しますね。

f:id:miosio:20170405111942p:plain

こんなのです(雰囲気ガラッと変わります💦いいのがなかった💦)

これを左右1回づつやっていく感じです。左屈伸1回、右屈伸1回、左屈伸1回、次右屈伸1回。そんな感じです。できるなら深く深く屈伸をする。右左右左。

結構きついです。座り込むまで深く先生はされるのですが、私にはきっぱりと、無理です。浅くしかできません💦

 

結局は継続性

この動作を教えていただいて、最初のころは喜んでやっていたのですが、最近は全く~💦

先生に色んなやり方を教わっていても、継続できなければ、無駄になってしまします。

思い出しては、ちょこちょことやっていますが、毎日は無理。

やらないよりはまし?な程度にしかできてませんが、それでも、何をすればよいか、分かっているだけでも、まだいいのかもしれない。

 

この空いた時間にこれだけ、ここが気になるからこの形。そんな動作をもっと詰め込んでいきたいと思います。

 

もっともっといろんなことを教わって、お伝えしていけるように勉強しますね。