読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され美活備忘録

40代後半主婦。エステやボディメークに通っています。主にその覚書。

姿勢維持には欠かせない横隔膜。っていったい何者?鍛えるとウエストも絞れます。

体中の筋肉はつながっています。

ある部位をやせたいので、そこだけを筋トレする。これではとても効率が悪い。

下半身をやせるために、上半身を鍛える。

ヒップアップしたいので、背筋を鍛える。

 

体の筋肉を、トータル的に考えて、バランスよくボディメイクしていきたいものです。

今日は、あまり聞きなれない。横隔膜のお話です。

f:id:miosio:20170422103318j:plain

 

 

早速、横隔膜って何ぞや??

 

f:id:miosio:20170422155526j:plain

横隔膜

みなさん、聞いたことはありますか?

なんか呼吸するときに、関係したりする??

そんな浅はかな知識しか持ってませんが、ちょこっとグーグル先生に、聞いてみました。

 

横隔膜は、肋骨の中にある、ドーム状になった薄い筋肉だそうです。

役割として、呼吸ですね、やっぱり呼吸に大変かかわりがあるそうです。

あと体幹を保つのに必要不可欠

 

そんな難しい話が書いてありました。

 

横隔膜も筋肉

ボディメイクの先生も、横隔膜という言葉を、ちょくちょく使われます。

前に記事にした呼吸の話

www.anmomo.xyz

こちらにちょっこっと載っていますが、スマホをすると、呼吸が浅くなるという話。

この話をすると、肋骨や横隔膜の話になりました。

 

結局は筋肉なので、使わなければ衰えていきます。

横隔膜は、呼吸するたびに、無意識に動いているので、全く使わないことはないのですが、上の記事のように、猫背の態勢が続くと、呼吸が浅くなります。

横隔膜がちゃんと使えて呼吸ができていない、ということです。

必然的に、横隔膜の筋力が、衰えますね。

 

肋骨との関係

こちらの過去記事

肋骨のことが書いてあります。

 

www.anmomo.xyz

こちらの記事の話と、内容が被ってしまうところがあります。

肋骨がひらいていると、ウエストが太く見える。という内容の記事です。

 

肋骨の中にくるまれている横隔膜。

横隔膜がちゃんと使えてなくて、筋力が衰えているのであれば、収縮がうまくできなくなっているかもしれません。

肋骨が、ひらいたまま。縮こまらない。っということです。

ウエストが太くなる??

 

大変。横隔膜って、意外と体型に重要な筋肉です💦

 

そうです。横隔膜はとても重要

とても大事な筋肉の一つです。

横隔膜は、体の中央にある筋肉なので、体幹にもとても関係してくるのです。体の真ん中にある筋肉なので、鍛えると体幹はよくなる、姿勢がよくなる。

 

それと、横隔膜の筋力が弱ると、だらっと伸びた感じになる。(とても大げさに言うと、です)

横隔膜には、内臓がくっついているので、その内臓の位置も、下がってくるそうです。

うん?下がってっくるって、どこに下がる??

……ウエストに下がる!!💦

 

とてもとても危険です。ウエストが太くなる。痩せなくなる。とても重大。

 

そもそも重力の関係で、緩んでくるのは自然なことです。長年、重いものを下げているので、下がってくるのは当たり前なのです。

でもここで、あきらめたらそれまで。

ぜひ重力に逆らいましょう!

横隔膜も是非鍛えましょう。

 

横隔膜の鍛え方

ボディメイクの先生や、グーグル先生に聞いたところ、やはり、一番簡単なのは、大きく、深く深く息をする、呼吸をすることだそうです。

猫背ではダメですよ。背中を伸ばして、前を見て、腹式呼吸をする。

鼻から大きく吸って、胸、お腹を大きく膨らませ、口から大きく吐く。その時に、お腹もへこませ、肋骨をしめてしめてしめて……

 

この方法でしたら、ちょっとした合間にもできますね。

 

ぜひ、ウエスト引き締めのために、横隔膜も意識してみてください。